大豆は人間の食べ物ではなかった!? 大豆は本当に身体に良いのか? 厚労省も注意喚起

大豆って何がスゴイの?期待される健康メリットは? | 大塚製薬 ...

今後、ますます広まっていくと考えられる代替肉=大豆ミート
昨今、流行しているプロテインの主原料であり、納豆や味噌の健康食品、成分的にもプロテインイソフラボン、そして肉よりもずっと低カロリーと、ヘルシー志向の現代人にはうってつけかもしれません。

しかし、
大豆は身体に良くない
というデータも多々あるのをご存知でしょうか?

今回は、大豆についての知識をお伝えしようと思います。
今後の健康的な食生活には必須の情報といえるでしょう。

 

 

目次

 

 

 

 

大豆は本当に身体に良いのか!? 健康・ヘルシーという文句に騙されるな!

乾燥対策には大豆製品がおすすめ

大豆、というと私たちは”ヘルシー”、”健康に良い”というイメージを持っています。
日本では大豆を食品として昔から扱ってきています。

納豆、豆腐、味噌、醤油など、伝統食品として様々なものがあります。
また、ビールのおつまみとして枝豆なんかも最高ですね

良質のたんぱく質として、お肉の代わりになる代替肉としても使われたり、豆乳もヘルシー食品扱いです。
また、注目を浴びているプロテインに関しても、その主原料は大豆(と牛乳)です。

 

しかし、大豆は良い!というのが今回の趣旨ではありません。

 

前回の記事「推進される大豆ミートの裏の狙い!」でも書きましたが、西洋では大豆は人間の食べ物として認識されていませんでした。近年になり、ヘルシーだという事で食べられるようになってきたのです。
日本では伝統食品として味噌や醤油、豆腐などで食べられてきましたが、発酵させたり、にがりを加えたりと必ず加工されています。

西洋人は大豆を食べず、日本では必ず手を加えてから食べている・・・
つまり、昔ながらの智慧として、「大豆は(加工しないと)食べられない」というものがあったということなのです。

 

 

病気を作りだすのは現代ビジネスの常識!?

興奮毒性 - Wikipedia

脳神経外科医で興奮神経毒性を研究しているラッスル・ブレイロック博士は次のように語っています。

「人体は高濃度のアミノ酸を扱う事が出来ない。それは脳においてもまったく同じである。ことに、大豆抽出物は最悪のものと言えるだろう。」

「大豆は植物性食品の中でも最も多くのグルタミン酸を含む。大豆抽出物を含んだ食品は化学調味料を使う食品よりも多くのグルタミン酸を含んでいる。」

「25年に渡る研究によって分かったことは、大豆食品を良く食べる人々の脳をCTスキャン画像で観察したところ、認知症と脳萎縮の高い発症率が確認されている。」

グルタミン酸とは化学調味料(うまみ調味料)の主成分であり、グルタミン酸を取り過ぎることで身体に悪影響があることは研究により判明しています。

また、食品原材料などで化学調味料は「アミノ酸(または有機酸・無機酸など)」と表記されていることからも分かるように、化学調味料や大豆抽出物はアミノ酸を多量に身体に入れることになってしまう。

さらに、日本の厚生労働省も、大豆などに含まれるイソフラボンの過剰摂取には注意喚起しているのだ。
厚労省イソフラボンQ&A
厚労省によると、イソフラボンは1日に70~75mg以下が望ましいということで、日本の伝統食品である味噌や醤油などであればほとんど気にする必要はないという事である。
代替肉などに関しては”他の食品とバランスよく食べるように”というお茶を濁したような表現になっている。

 

 

ブレイロック博士の言葉をもう少し聞いてみよう。

大豆には複合的な毒性があり、食べ過ぎると神経は破壊されてしまうことになる。」

偏頭痛を持つ人には大豆食品を止めることをお勧めする。すぐに治ることもあるだろう」

大豆には多くのマンガンが含まれているが、そのマンガンパーキンソン病の原因として疑われているマンガンが脳の病巣部分に毒性を発揮するのだ。」

 

実は今から50年以上前にもグルタミン酸の毒性を主張した学者がいる。
J・オルネイ博士は1969年に、グルタミン酸の毒性を発見し、摂取することを注意喚起した。
しかし、折しも大企業が化学調味料を大量生産し、ばら撒くタイミングと重なってしまい、博士は研究者としても道を断たれることとなってしまう。

蛇足になるが、同様のことは人工甘味料でも起こっており、アスパルテームという人工甘味料が遺伝子を損傷することを突き止めたトロチョ博士は、アスパルテーム製造企業から激しい妨害を受け、同様に研究を続けられなくなってしまっている。

 

 

まとめ

タイシの大豆図書館|太子食品工業株式会社

では、どのような大豆食品に注意すればよいのか
どの大豆食品なら食べられるのか
これをまとめてみたいと思います。

普通に食べても問題ない大豆食品
✅味噌・醤油
✅豆腐(油揚げなど含む)

少し量を注意した方が良い大豆食品
✅枝豆
✅もやし
✅納豆
✅ゆば

あまり採らない方が良い食品
✅炒り豆
✅きなこ
✅豆乳
✅代替肉(大豆ミート
※特に大豆は遺伝子組み換えのものが多いので気を付けましょう

 

その他、イソフラボングルタミン酸を過剰に摂取した際に防波堤となってくれるのがマグネシウムです。
マグネシウムは非常に失われやすいミネラルであり、それでいて身体にとても有用なものです。
マグネシウム欠乏+グルタミン酸の過剰摂取は、いわゆる成人病を極めて誘発するので気を付けた方が良いでしょう。
※大抵の食品には化学調味料アミノ酸グルタミン酸)が含まれていますし、マグネシウムは現代人は基本的に不足しているのでこの状態になる人は少なく無いと思われますマグネシウムサプリ

他にも大豆の毒性を抑えるものとして、
ウコン(ターメリック)、ギンコ(イチョウの葉)、フラボノイド(植物に含まれる抗酸化物質)などがあります。

ケンタッキーフライドチキンが、代替肉の販売を始めましたが、これから健康ブームという名の大豆食品の波が押し寄せてくるかもしれません。
ぜひ注意していただければな、と思います・・・

今後注目される代替肉(大豆ミート)に要注意!? その裏に隠された真相を掴め!

大豆ミートを選ぶ8つの理由と使い方のコツ【お肉好きも食べてみ ...

コロナウイルスの流行事件を受けて、健康志向は高まっています。
世間や学校でもSDGsが叫ばれています。
また、中国の多くの人が肉を食べ始めたという事で肉の消費量が上がり、生産量は大して増えず、肉の値上がりも始まっています。

これらを解決する一つの方法として、代替肉・・・つまり大豆ミートに注目が集まっています。
以前、「ベジタリアンの危機!?」という記事を書いた中で、この代替肉(大豆ミート)の問題点を挙げました。

今回はそれをさらに深堀りした内容になります。
なぜ、今後代替肉が注目されるのか!?という点に関してです!

 

 

 

目次

 

 

 

 

肉の値上がりで代替肉(大豆ミート)が注目! しかし、その裏に隠された狙いとは!? 

大豆ミートとは? 魅力やおすすめのレシピをご紹介

コロナ事件の流行により、健康志向が高まっています。
また、近年はSDGsなどにより環境問題、そして肉の消費量の上昇による肉の値上がりなど、「食肉」に対して様々な角度から指摘が上がるようになってきています。

身近な所でも、大手レストランや牛丼屋などでも値上がりが行われたり、検討されています。

この値上がりの背景には、「世界的なインフレ傾向」と「肉の消費量の増加」があるとされています。

 

また、ご存知の方も多いでしょうが、肉を生産するのは非常に環境に負荷がかかると言います。
例えば、採れる肉の量より遥かに多くの飼料が必要だという事や、生き物を育てるため大量の水が必要だという事。さらに家畜が出す二酸化炭素なども問題があるという人もいます。

それにプラスして、肉を食べることはあまり身体によくない・・・ということでヴィーガンベジタリアンが増えてきており、その声も大きくなっているということもあります。
最近はプロテイン(主原料が大豆)も健康に良いとして取り上げられていますね

 

 

これらのことを総合的に解決するということで注目されているのが「大豆」、つまり代替肉などです。
代替肉の問題点に関しては以前「ベジタリアンの危機!?」という記事で書きましたので割愛しますが、
今回私が伝えたいことは、
これらは全て計画されたものである、かもしれないということです。

 

 

大豆は食べ物ではなかった

大豆|除去食と代替食|公益財団法人ニッポンハム食の未来財団

大豆を使った食品は色々あります。

代替肉もそうですし(代替肉はエンドウ豆なども使われている)、味噌、醤油、納豆や豆乳、そして乳化剤(水と油などがよく混ざるようにする添加物)の原材料としてもよく使われています。

しかし、欧米では100年ほど前までは大豆は食べ物ではありませんでした

それまで欧米では大豆は工業油やプラスチックの原料として使われるのみで、人が食べるという事はしていなかったのです。
その後、飼料にできるという事で家畜のエサになり、その後徐々に人が食べるようになっていったのです。

人が食べるきっかけになったのは、アルゼンチンの破産です。
2001年、財政難によりアルゼンチンは国家破綻します。
人々の生活は苦しく、食べるものも少ない状態が続きます。
その時、食糧難に喘ぐアルゼンチン国民に対しデュポン・アグリサイエンス社が「生活にプロテインを!」という宣伝を始めたのです。

安価で栄養があるということでアルゼンチン国民の食卓には大豆があがり、それがきっかけで大豆食が広まっていくことになりました。
(この辺りは日本の戦後、牛乳や小麦粉が急速に取り入れられたことと似ています)
今では世界中でヘルシー食品として食べられています。

 

 

今後、代替肉は広められていく

環境にやさしい選択を!「代替肉」のトレンド&おすすめ10選 ...

以上のように、環境、経済、健康面でのアシストがあり、今後代替肉・・・大豆ミートは広められていくことでしょう。

もちろん、それを裏付けるようなものもあります。

2021年の世界経済フォーラム(WEF)、通称ダボス会議において、2030年までの目標として達成したいことが8つ挙げられています。
その中で今回の記事で注目したいのは次の2つの項目です

✅肉の消費は最小限にまで抑制されるものとする
✅物価は法外なレベルにまで引き上げられるものとする

同年の世界経済フォーラムのお題目は「グレートリセット」でした。
コロナ事件を契機に世界を新しい状況に変えていこうとしているのだと言われています。

その中で、多くの人々は食糧難になり、肉の供給が減少。
かつ、世界的にハイパーインフレが起こり、食事自体が大きく変わるのではないかと思われます。

 

さて、ここで賢明なる読者諸兄は、
「なぜそんなことをするのか?」という疑問が湧いていることかと思います。

残念ながら私は世界経済フォーラムの参加者ではありませんので、正確な所は解りませんが、これまでの歴史や現状から、ある程度推察することは出来ます。

それは分かりやすく言えば、経済の原理による金儲けです。
前述したとおり、大豆は西洋では食べ物ではなく、工業用油などで使われていました。
当然、油の搾りかすが出るわけですが、これを利用したのが家畜のエサ、そして代替肉です。もちろん、味は悪いので様々な添加物が使われていました。
最近ではまともな味のものが出来てきたそうで、そういった技術の進歩により、本格的に商品として売り出そうという事です。原価がメチャクチャ安いのも理由でしょう。

さらに、大豆製品は実はあまり身体に良いものではないという点です。
特に食べ過ぎは身体に悪影響が出る研究があります。詳しくは別記事【大豆は本当に身体に良いのか?】をご覧いただければと思いますが、大豆を主食にしてしまえば体調を崩す人は少なからず増える可能性があります。
そうなれば製薬会社や医療業界が儲かります。
※発酵させた味噌や醤油などの発酵させたものは問題ないようです。納豆や豆腐など、日本の伝統料理なども問題はないように加工されてきたのです。 

そして、これらはもっとマクロな視点から見れば、世界国家の樹立・世界的社会主義へ向かっているという事からも解ります。
2021年の世界経済フォーラムによる2030年までの目標として、
人々は何も所有せず、物品は無料か国からの貸与となる
というものがあります。

人々は自由や選択権が徐々に奪われていく可能性があります。
もちろん、考え方によってはそれはイイことかもしれません。なぜなら、自分で考えなくてもよくなるからです。
こういった計画の中で、支給されるものは肉ではなく代替肉になるということです。
これも以前断食(ファスティング)の記事の中で書きましたが、肉食は人間の攻撃性をアップさせるという研究結果が出ているのです。
従順な家畜にしておくには、大人しいに越したことはありませんからね
(そういった意味では、アウシュビッツの囚人に使われていたフッ素なども歯科検診や歯磨き粉などで利用されていますね)※フッ素も気力を削ぐ効果があると言われている

まぁ家畜には、大豆という飼料でいいと思っているのかもしれません。

 

 

さいごに

あくまで事実からの推測でしかありませんが、こういった事情で今後代替肉はプッシュされていくかと思われます。
今回の記事と併せて読んでいただきたいのが【大豆は本当に身体に良いのか?】なのですが、大豆は発酵などある程度の過程を経ないと人体に害をもたらす可能性は否定できません。

好みもあるので、全く食べるな、とはいいませんが、
様々な事情を勘案して、今後のことをそれぞれ考えて行ってもらえればな、と思います。

 

金にならない技術は消される!? 潰されたスーパーテクノロジー

富士通ゼネラルOSテクノロジー - 富士通ゼネラル JP

多くの人が日々享受し、使っている様々な技術。
ネットだって、近年急速に普及したものです。電磁波の問題などもありますが、本当にたくさんの人間がその恩恵にあずかっています。

しかし、人類が発見したテクノロジーは、もっと広範囲に、もっとエコロジックに、そしてもっと幸せになるためのものがあるようです。

今回は、訳あって闇に葬られてしまった「スーパーテクノロジー」をご紹介したします。
人類を救う素晴らしい技術もあったようです

 

 

目次

 

 

 

 

隠されたスーパーテクノロジー 金にならない技術は使われない!? 人類を救う技術は不要なのか

第2回 HRテクノロジーコンソーシアム(LeBAC)関西WGセミナーレポート ...

私たちが普段使っているスマホやパソコン、車、飛行機、家電製品・・・etc・・・

ただそれらは、新製品などといって発売されても、本当は型遅れのものであったりします。
例えば、自動運転の車。
この技術はいかにも新しいものとして報道、販売されますが、実際はこの技術が完成したのは40年以上前だと言います。今回、自動運転の車が販売されたのは、その特許が切れたからだということです。

これはあくまで1つの例に過ぎません。
しかもまだ日の目を見たのですからマシな方です。
本来なら人類の発展に寄与したはずの技術。以下に並べて見ましょう。

 

 

水で動く車

水で走る車 | ウルペンのドリームピラミッド

実は「水で走る自動車」は過去に何回か発明されたことがあるようです。
最も有名なのはスタンリー・メイヤー氏Youtubeでも氏の動画を確認することが出来ます。


ニュージーランド在住のティーブ・ライアン氏も水を燃料に従来のエンジンを転用してオートバイを走らせています。
フィリピンでも、今から50年以上前にダニエル・ディンゲル氏が、水道水や海水だけで動く車を発明している。

 

そして日本でも、10年以上前にとある企業が水で動く自動車を開発している。
一応、マスコミなども呼んで発表されたのだが、マスコミがそれを取り上げることはありませんでした。
※ちなみに企業名を隠すのは、これにより誹謗中傷などが殺到したためです。それが原因で当企業も開発を中止してしまったようです。

世界各地で、実は開発されている水で走る車。
どれも非常にクリーンな車であり、排出ガスもゼロか圧倒的に少なくなるそうです。

これらが報道されない、そして広まらない、潰されてしまうのは、やはり石油利権を始めとする巨大なお金の動きが関係しているのは間違いがなさそうです。

注:水で動く、と便宜上書いてありますが厳密に言うと水素自動車です

 

 

天候を操作する技術(気象兵器・地震兵器)

バイデンは中国に金をもらって「気象兵器」の実験をした──Qアノン ...

人類は天候すらも意図的に変えることが出来るようになっています。
その代表格はHAARP(ハープ)。
HAARPは表向きは自然環境の調査を行っているとされていますが、実際には天候を変えたり、電磁波を使い地震を起こしたり、あるいはマインドコントロールに関する研究をしている施設だとも言われています。

気象変更に関しても、いくつかの説(方法)があり、このHAARPを代表する電磁波を使うものや、ナノアルミなどの物質を空に散布するもの、地震に関しては核兵器利用説などがあります。

もちろん、人や街に被害を与えるのが目的で使用されるのは本当に悲しいことですが、使い方によっては世界を変えることのできる技術なのではないでしょうか?

ちなみに一説によれば、I○Mなどで天候は販売されているそうです・・・

 

 

反重力メカニズム

昆虫の殻を利用した反重力装置で、空中飛行に成功…地球の引力を離脱 ...

1988年、ロシアのノボシビルスクにある農業アカデミー科学センターの高名な昆虫学者であるヴィクトル・S・グレベニコフ教授が、昆虫のキチン質殻には、反重力効果があることを発見した。

この反重力効果は特定の昆虫のみならず、幅広く自然現象として見いだせるという。

1990年3月、グレベニコフ教授は、とある実験を行う。
それは、この反重力効果を利用した「飛行実験」である。

その実験の写真が上のものだ。

足をのせる板にT字状の棒。そして棒の根元に反重力システムがある。
教授はこの実験を成功させている。

しかもグレベニコフ教授は、
「(自分の作った)反重力プラットフォームは原始的なものである。今この地球上で、自分が作った物よりずっと洗練されたものがある。」
とも語っています。

現代では空を飛ぶ原理は完全には解明されておらず、鳥などがどうして飛べるかも解っていないと言います。
昆虫にも解明されていない不可思議な能力を持つものがたくさんいますし、私たちが動物や昆虫から学ぶべきことはたくさんありそうです。

 

 

幻の日本製OS TRON(トロン)

Windowsよりも先進的だった国産OS「TRON(トロン)」 – 株式会社ライト ...

TRON(トロン)は「ザ・リアルタイム・オペレーティングシステム・ニュークリアス」の略で”機器をリアルタイムで作動させるOSの中核部分”という意味から名付けられている。

このOSは1984年から開発が本格的に始まったと言われていて、PCの世界標準とも言えるWindowsMac以上の性能があったと言われている。
しかもこれは日本製の技術であり、これが世界的に採用されれば、PCにおける圧倒的なシェアと利益が約束されていた。

しかし、このOSが世界標準として採用されることはなかった。
結局マイクロ・ソフトのビル・ゲイツは世界的な大金持ちになり、今では世界中にワクチンを広めている。

このTRONを開発したとされるのは東京大学名誉教授の坂村健博士
ビル・ゲイツとの違いは、博士は「無償提供」しようとしたことだ。

このTRONが潰された背景には様々な憶測があります。
やはり、既得権益を持つ人や会社による圧力であったり、マイクロソフトは個人情報を政府に流しているからWindowsが世界基準になるのは決まっていたとか、あるいは日本のTRON研究者の大半が1985年に起きた日本航空123便墜落事故の犠牲者になってしまったとか(だから墜とされた)、多くの風説が飛び交っています。

真実は解りませんが、「潰された」のだけは事実なようです・・・

 

 

致死反応振動数(MOR)治療

ライフ周波数活用で健康ライフを楽しもう! | 次世代の健康づくりを ...

今から100年近くも前に、あらゆる病気を治す治療法が出来ていた・・・と聞いて信じられる人はどのくらいいるでしょう?
それを可能にしたのが、天才科学者ロイヤル・レイモンド・ライフ博士です。

1888年に米国ネブラスカ州で生まれたライフ博士は、幼いころから聡明で、医学、細菌学、光学、寄生虫学など非常に多岐に渡って業績を残し、現代でも追いつかないほどの発明をしたりしています。

そんな天才ライフ博士が見つけ出したのが、致死反応振動数(MOR)治療法です。

この治療法は、ごくごく簡単に言うと、ガン細胞などの問題がある部分に光を当てる、というものです。
そんなことで治るの?と思ってしまうこの治療法。
1934 年、南カリフォルニア大学において、パサデナ郡立病院の末期がん患者を対象にがん治療実験を実施しました。
すると、約1か月後にはなんと100%の患者が治ってしまったのです。

少し詳しく書きますと、この治療法の肝は周波数。
腫瘍や細菌、ウイルスなどが死滅してしまう特定の周波数の光を当てることによって、副作用など一切なく治してしまうという技術だったのです。
しかも、実際の治療現場においても、光を当てるだけなので費用はほとんど掛かりません。

 

しかし、案の定というか、この圧倒的な技術は消し去られてしまいます。
それどころか、それまでライフ博士を援助したりしていた人たちもこぞって離れて行ってしまいます。
ライフ博士に問題があったわけではありません。

やはり、あらゆる病気が安価に治ってしまうと、お金が儲からない人たちがたくさんいたということでしょう。
ライフ博士は、このMOR以外にも目を見張るような発明をしていますが、その殆どが闇に葬られたり、他の研究者の名前に取って代わられたりしています・・・

 

 

世界システム

ニコラ・テスラの「世界システム」はよみがえるか:日曜日の歴史探検 ...

世界システムを開発したのは、不世出の天才ニコラ・テスラです。
テスラはエジソンと同時代に活躍した科学者・発明家で、様々な画期的なものを生み出しています。

多くの発明を残した中でも、極めつけはこの「世界システム」ではないでしょうか?

世界システムとは、地球そのものを媒介として、世界中に無線で電気を送る、というものでした。
これが完成、活躍すれば、世界のエネルギー事情は大きく変わります。

誰でもどこでも電気というエネルギーが使えるようになり、石油などへの依存は大きく減ることでしょう。また送電線なども不要になり、街の景観も良くなり、必要な工事も減ります。

この世界システムの開発には、当初モルガン財閥の創始者J・P・モルガンが出資していました。
しかし、世界システムの完成が近づいたとき、状況は一変してしまいます。
そのあまりの性能を知ったモルガンは、急に資金を全て引き上げてしまいます。
それどころか、それまで進んでいた研究は火事によって燃えてしまうという事態まで起きてしまいます。

 

ニコラ・テスラはよくマッドサイエンティストの代表格のような扱いを受けます。
それはテスラの「その気になれば地球を真っ二つに割ることだって出来る」という発言などの揚げ足を捕られているせいでしょう。

しかし、調べてみれば彼は決して狂った科学者などではなく、
良心を持ち続けた最高の科学者の1人であったことが解ります。

 

彼の技術は、悲しいことに、今はHAARPなどで(兵器として)使われていると言います。

いつの日か、彼の技術が、本当に世界人類のために使われる日がくることを願って止みません・・・

 

 

 

さいごに

隠され、潰されてしまったテクノロジー智慧はまだまだたくさんあるようです。

身近な所でも、雑草と呼ばれるものの中にも、薬として非常に効果の高いものが色々あります。
タンポポや松の葉なども、とても効能のあるものです。
それらは季節になればいくらでも手に入ります。

マスコミがスポンサーから大金を貰い、盛んに宣伝されるものだけが技術や智慧ではありません。

足元にある叡智を見つけるだけでも、大きな利益になるかもしれませんね

 

 

【関連記事】
DNAの真実 DNAには何が刻まれているのか?!
世界的規模で行われた詐欺!
常識なのに実は未解明な科学的真実

フラットアース 地球平面説とは  地球は本当に丸いのか!? 我々はまたも騙されているのか??

フラットアース|水くんの日記|note

地球平面説・・・
フラットアースとも呼ばれるこの説は、近年、特に注目を集めています。

コロナの大嘘がバレ始め、それを切っ掛けに、これまで民衆を騙していた、多くの嘘も暴かれ始めています。

そして、その内の大きな嘘の1つが「地球は丸い」ということかもしれません。

実際、2018年に米国で行われた調査では、「地球は平面である」と考える人が約4%いるという結果も出ています(人数にすれば数百万人にも及ぶ)。

 

しかし、地球が平面(丸くない)などということがあるのでしょうか?
これこそ陰謀論なのではないか?

今回は、フラットアースについて見ていきましょう。

 

 

目次

 

 

 

 

フラットアースとは!? 地球は平面? 我々は根本から騙されていたのか!? フラットアースの真相

フラットアース理論レイアウトベクトルテンプレートのイラスト ...

我々は学校で、地球は丸い、と習います。
そしてそれは誰しもが当然であり、当たり前の常識です。
なのに、地球が丸くない・・・平らである、というのは一体どんな根拠があるというのでしょう?

まず地球平面説の主張を見ていくことにましょう。

地球平面説とは

✅地球は球体ではなく、平面である
✅ドーム状の膜のようなものに覆われている
✅宇宙は存在しない
✅太陽や月は、地球の周りをまわっている(天動説)
※太陽も月も地球のドーム内で回っている
✅平面の一番外は氷で覆われている(そこが南極)
※端はなく永遠に続くと主張する人もいる
✅重力はない
※もし重力があれば大質量の地面は(重力の中心に集まって)丸まってしまう
✅物が下に落ちるのは地球が常に上に上昇しているから
月と太陽は同じ大きさ
✅宇宙は存在しない為、人工衛星も存在しない
✅GPSなどは、ドームで電波を反射させたりして実現させている

※人によって主張内容が変わる点もあります

こういったものが、地球平面説の内容になります。

もちろん、理由もなく言っているだけなら、ただの世迷い事ですが・・・・

 

 

地球が平面である、その理由・根拠

フラットアース|水くんの日記|note

では、上記の主張の根拠はいったいどんなものがあるのか、を見ていきましょう。
これが滅茶苦茶であれば、ただの荒唐無稽な話で済むのですが・・・

 

地球が平面である根拠とされるもの

✅地球が球体であれば、高い建物であってもある程度離れれば見えなくなるはずだ。しかし、実際は(計算上見えないはずの建物が)見えたままになっている。
✅鉄道などのレールを敷くとき、球体であれば平面上で計算した長さに球体の分の扁平率を計算しなければ正確な長さが出ないはずなのに、平面での計算だけで足りてしまう
✅地球の自転速度は時速1,000km以上だと言われているが、地球に立っている我々がそれを何も感じないのはおかしい
✅雲の切れ間から差し込む陽光の角度から計算すると、地上と太陽の距離は数百kmである
✅聖書にも地球が平面であると書かれている
✅地球を球体とするのは我々を洗脳するための方便である
✅南極がどこの国の領土でもなく、飛行も禁止されているのは地球の端に行ってしまうこと(地球が平面であること)がバレないようにするためである
✅国連の旗も実は地球が平面であることが描かれている
ダウンロード画像 フラグは、国際連, 絹の旗を, 国連, 世界の組織 ...
✅球体であれば北極と南極の温度が違う(30~40℃程違う)のはおかしい

他にも理由はあるようですが、よく主張される主な理由はこんなものだと思います

 

さあ、いかがでしょう?
これらの根拠に反論することが出来るでしょうか?

 

 

地球は球体である理由

隕石が地球にぶつかる日」に向けた真剣な実験 | The New York Times ...

では今度は地球が球体である理由、または平面ではない理由を見ていきたいと思います。

地球は球体である・平面ではない理由

✅星座が場所によって形が違って見える(球体ならでは)
✅船が海に沈むように消えていく(平面なら突然消える)
✅時差があるのは地球が球体であるから
✅平面ならエベレストなどの高い山は地上の殆どの場所から確認できるはず(実際はできない)
月食時、月に映る地球の影の形は丸(球体)である
✅地球の自転を感じないのは、電車などに乗っている時と同じ理由である
✅偏西風など特定の風が吹くのは地球が球体で自転しているのが要因である
✅南極が飛行禁止なのは、着陸施設が無いこと、万が一の救助が困難であること、南極を経由して行く利点が無いことがあげられる
✅重力が存在することが平面でない証拠
✅地球から観測する他の星は全て球体である。地球だけ球体でないというのは考えにくい

以上のようなものがあります。

ちなみに、雲の切れ間の陽光の話は遠近法で説明がつき、
北極と南極の温度の差は、南極は大地でがあること(北極は地面が無く氷だけの場所)と、南極の方が標高が高い(約2000m)が理由と考えられています。

また聖書の記述に関しても、実際は平面であることなど書かれておらず、球体であると書かれていると言います(この辺りは抽象的な聖書の言葉の解釈による・・・というところでしょうか?)

 

 

真相はどっちだ!?

徹底解説】地球空洞説と地底王国「アガルタ」の謎 ヒトラーも地下世界 ...

さて、実際の所、どちらが本当なのでしょうか?

それぞれにある程度の主張があるのがわかりますよね
私たち一般人にその本当の姿を確認することは容易ではないかもしれませんが、私たちがマスコミや権力者たちに大いに騙され、洗脳されているのは間違いありません。
ですから、とんでもない間違いを真実と信じてしまっている可能性は充分にあります。

このフラットアース説も、実に多くの信奉者がいます。

過去、地動説が常識だった時代に天動説を唱えたガリレオのように、本当のことを探すのは大変なものです。

 

あなたはどちらだと思いますか?

 

 

☆科学は絶対ではありません。実際に、常識と言われることでも実は推測でしかないこともたくさんあるのです。
⇒【現代のトンデモ科学
⇒【世界中が騙された!?壮大な詐欺

これは本物! 実際に効果のあるスピリチュアルグッズを厳選紹介 偽物に騙されるな!

スピリチュアルとは?本当の自分を知る鍵、運命を輝かせるキッカケ ...

巷にあふれかえるスピリチュアルグッズ。
Qアノンなどの陰謀論が世間的にも広まりつつあり、またコロナによる不景気や社会不安により、精神世界(スピリチュアル)に興味を持つ方が増えています。

そして、それを狙ってスピリチュアルの商売も非常に増えてきました。正直、売るために神様の名前を使ったり、それっぽいことを言っている人も散見されます(そして値段も高い!)

今回は私自身や友人が使って本当に効果のあった意味のあるスピリチュアルグッズ・ツールをご紹介いたします。
※スピリチュアルグッズと言っても、科学的に効果が証明されているものも多々あります。

 

 

 

目次

 

 

 

 

本当に効果のあるスピリチュアルツール・グッズ

スピリチュアルの電話占い!おすすめの相談内容から先生まとめ|当たる ...

コロナ関連では多くの勇気ある人たちが真相を伝えてくれて、そのおかげで多くの人が世界の真実に気が付き始めています。

しかし、コロナは始りに過ぎません。
これを切っ掛けに、世界の本当の姿を思い出し、自分の本来の姿を手に入れるタイミングなのではないでしょうか?

さて、それに寄与するわけではありませんが、健康であることや、思考がクリアであることは、より良い人生にするためにはとても重要です。
偽物を使うことで、波動も悪くなり、身体にも影響が出ることは科学的にも解っています。

今回紹介するものが、多少なりともお役に立てることを祈っています。
※「スピリチュアル」グッズかどうかは個人の考えによります

 

EM・X GOLD (生活改善)

EM・X GOLD(イーエムエックスゴールド) 500ml - EM生活公式 ...

今では有名なEM菌。
有用微生物群を使った商品で、特にこちらは洗練された1品になります。
普通に飲んだりお茶に入れたりするものですが、味にもクセが無く飲みやすいのみならず、胃腸の調子が良くなるなど分かりやすい効果があるのも◎。
体調が悪くなってから飲むよりも、普段から飲む方がコスト的にも良いでしょう。

効果が分かりにくい健康食品の中でも、こちらはオススメのものになります。

 

 

 

バッチフラワーレメディ (緊急用・平安)

日本では批判されているレメディ・・・ホメオパシーの商品です。
ホメオパシーは英国王室でも専属医がいたり、ヨーロッパでは保険対象になる国もあったり、ロックフェラー家でも使われていたりする世界的に認められている医療です。
日本人でも由井寅子さんが英国王室アカデミーに招かれたりしていますね。
日本では何故認められないのかは・・・お察しください

こちらを推薦する理由はその汎用性の高さにあります。
怪我のみならず、緊張した時、ショックを受けた時、心が沈んだ時など、様々な場面で使うことが出来ます。スプレータイプなどで使いやすい点もイイですね。
お子さんをお持ちの方には特にオススメ。携帯しておけば、すぐに使ってあげることができるので安心感が持てます。

 

 

 

コリナシール (痛み止め)

身体のどこかが不調になった時にはこれです。
このコリナシールは中に金(GOLD)などが入っているのですが、金や銀や銅は殺菌効果があることが解っています。
神話などで悪魔たちが銀が苦手だというのはこの事実からきているようです。

昔は金は医療にも使われていて、その効果は確実なものだったと言います。
だからこそ、昔から「金(GOLD)」は重宝されてきたのです。

私は肩こり持ちなのですが、特に痛い時はこれを貼ります。すると、だいたい痛みを忘れることが出来ます。緊急用に常備しておきたい品です。

 

 

太古の水 (健康増進・回復)

太古の水(1ml×20本)|トータルヘルスデザイン公式ショップWEB本店

太古の水は彗星捜索家の木内鶴彦さんが作った物です。
木内さんは臨死体験をしており、日本で唯一、死亡診断書が書かれてからの蘇生例だとご本人が言っていました。
その木内さんが臨死体験中に、いわゆる霊体となり様々な場所や時間を旅してみてきて得た知識の内の1つがこの商品です。

商品名の通り、地球の重力が今よりも小さかった時代の水を再現したもので効果に関してはかなり信憑性が高い物となっております。
私自身ではないのですが、知り合いがこの太古の水を飲んでガンを治したことがあります。実際、そのレントゲン写真を見せてもらったので間違いはありません。
もちろん、100%誰にでも効く、という訳ではないでしょうが、体調が気になる方はやってみる価値はあると思います。
「水」なので副作用の心配もありません

 

 

 

炭 (消臭・場の浄化・デトックス

炭・・・正確には麻炭や竹炭をオススメします。
使い方は3つ。
1つは消臭。炭にはかなり優秀な消臭(臭いを吸着する)効果があります。炭独特の臭いもありますが、決して厭なものではありません。
2つ目は場の浄化です。とある有名な酒蔵は、良い酒を造るためにわざわざ地面に竹炭を埋め、場を浄化(イヤシロチ)にしてから造ったりしています。そこのお酒は本当に美味しく、酒に弱い私でも一切悪酔いをしない本物です。
3つ目が、デトックス・・・毒出しです。炭は吸着性能があり、身体にある毒素を吸着して排出してくれます。ドイツでは”お腹が痛けりゃ炭を喰え”という格言があるそうです。
パウダー状のものなので、おやつに混ぜたりしながら食べればOKです。

ただし、炭の食べ過ぎは便秘になりますのでご注意ください(少量なら問題なし・効果あり)

 

 

 

エアキューブ (空気活性器)

私の尊敬する故・飯島秀行さんのテネモスの商品です。
彼は市井の発明家であり、決して有名ではありませんが、本物の技術を持った数少ない人でした。飯島さんの残した技術は、入力より出力が大きくなる発電機(つまりフリーエネルギーの技術)であったり、放射能を完全に消し去る技術であったり、環境を浄化する技術であったりします。

これはそのうちの1つ、空気清浄機・・・いえ、空気活性器です。
周囲の大気から振動が引き出され、発酵システムに変化が生じ、空気を清浄な森林と同様の状態にします。
私は寝室に置いているのですが、眠りが快適で素晴らしいです。
特に不眠や睡眠に対して不安をお持ちの方にはオススメです。
電気代も非常に安く済み、1台で20畳もカバーできますので大抵の部屋に置けます。

何かに集中したいときにも集中力が大きく上がります。

 

 

 

Bhado (電磁波対策)

5Gの電波塔が次々に建てられ、Wifiもあちこちで飛び交っており、電磁波問題はますます深刻になってきています。
もちろん、携帯会社などは”人間に悪影響はない”と言いますが、欧州では電磁波規制があり、様々な研究で電磁波の問題が見つかっているのが現状です。

特にお子様がいらっしゃる家庭では、気を付けるに越したことはありません。

携帯にも便利なこちらBhadoをお勧めします。

こういった物は効果が分かりにくく、正直、偽物もたくさん出回っていることと思われます。
そんな中、私も、友人も、これは体感的に効果があると感じました。具体的には長時間PC作業をしても頭がスッキリと作業が出来るという点です。

体質にもよるかもしれませんが、電磁波でお悩みの方は試してみるとよいかと思います。
値段がそんなにしないのもオススメの理由です

 

 

 

マナウォーター (浄水器

こちらもテネモスの商品ですが、これも本物です。
知り合いが京都大学で、このマナウォーターの水質を検査してもらったところ、素晴らしい水質であることが証明されました。
また某マルチの方が浄水器を売ろうとウチに来たとき、無理矢理に水道の水質検査されたのですが、あまりに綺麗でスゴスゴと帰って行ったことがありました。

それくらいスゴイ商品なのですが、マナウォーターのさらに素晴らしい所は”フィルター交換不要”という点。つまり設置してしまえば、基本的に追加費用が掛からないのです。
浄水器は、浄水器そのものだけでなく、フィルター交換でも儲けようとしている企業がたくさんありますので、それだけでも良心的であることが解ります。

さらにさらに、使えば使うほど水が綺麗になることも分かっていますし、元付のみならず、蛇口用のものを設置すればさらに良い水になります。
圧倒的にオススメです。

 

 

 

さいごに

コロナは様々な問題を我々に見せてくれます。
社会問題は構造的なものも大いにありますが、私たちが気を付け、本物を見つけることによって解決してしまうものも多々あるようです。
特に健康問題は。

今回紹介した商品たちは、私たちに本当に協力してくれる素晴らしい物ばかりです。

 

それでも、どんなものでも、合う・合わないはあると思います。

まずはお試ししてみるのが良いのではないでしょうか?
ただ個人的には特にテネモスの商品は間違いがありませんのでオススメ出来ますが・・・

嘘か真か? ニール・ファーガソンのメール  支配者層の今後の社会をどのようにしていこうとしているのか 計画の一端か!?

大人検定365 目上の方に出す手紙。正しい便せんと封筒はどれで ...

ニール・ファーガソンのメールをお伝えします。
このメールは、世界ヒエラルキーでもトップに近い位置にいるとされるニール・ファーガソンが送った(そして流出した)とされるものです。
ニール・ファーガソンWikipedia

彼が書いたこのメールは、「次の一手」という題名になっており、中身も今年のダボス会議世界経済フォーラム)の内容と酷似しています。

少し長くなりますが、今後の世界情勢を知るためには、良い材料になるのではないかと思います。

 

 

 

目次

 

 

 

 

 

ファーガソン・メール 内容

Mail Delivery Subsystem」とは?届くエラーメールの原因 | お ...

以下、その内容を書き記します。

 

次の一手

英国の恒久的なロックダウンについて  2021/6/14

イギリスのロックダウンを4週間延長する、という首相の決定が本日発表されることになった。我々は次のステップのプロセスを決めるための、比較的短い機会を得たことになります。

全てのことが軌道に乗り、私たち全員がこの背後にある共通の目的を思い出すことが極めて重要になります。これまでも大変だったし、きっとこれからも困難があるでしょう。しかし、私たちが団結し、正当な理由でこれを行っていることを多くの国民に納得して貰えれば、この計画の第2段階に進むことが出来ます。
その理由とは、インドとネパールで新たに発生したウイルスの亜種(変異株)が急増していることですが、ウイルスは花粉症を再ブランド化したものに過ぎません

このウイルスは、わが社にとって非常に有益であり、実りあるものになりました。金銭的にも、評判としても、これ以上の利益を得ることは不可能でしょう。ただ、この結果を得るには各国の政府とメディア双方の完璧な協力を得なければならず、「夏を満喫するにはリスクが大きすぎる」という言葉を使う必要があります。
このようなバリエーションの増加をするために、例えば次のようなモデル化をすることができます。

反ロックダウンの抗議活動(最近の動向を考慮すると、これを推すことは好ましいことです)

イングランドスコットランドで開催されるフットボールの試合、夏に人が集まる場所=シーサイドリゾートやテーマパーク、その他観光地 など

もし、これらの変異株が複数発生し、すぐに正しく対処しなければNHS(国単位の衛生・健康問題)が完全に崩壊してしまう、というメッセージを伝えることが出来れば、大衆はコンプラインスを守るでしょう。大衆がコンプライアンスを遵守する遵守し、疑うことのない性質は、私たちを目的地へ導くために重要であり、それによって私たちは国を変えるための役割を果たしたことになります。

カレルギーとシュワブの計画の一環として、環境問題と水不足(2022~23年)、食糧危機(2023~24年)、金融危機ハイパーインフレ(2024~25年)などを原因として人々をロックダウンし、2025年に国連、WHO、WEF(世界経済フォーラム)合同のグローバルカレルギープランの最終決定を行うことになります。
(注:カレルギーとはEU構想を考え出した人物、シュワブはWEFの創設者。つまり支配者層の中枢にいる人が作った計画の事)

 

これに対する抵抗があることは承知していますが、私たちはあらゆる抵抗を最小限に抑える必要があります。私たちの行動を支持する人が70%以上いる一方で、私たちの計画を妨害しようとする、いわゆる”自由の擁護者”と呼ばれる筋金入りの人々もいます。
2021年に開設したGBニュース(イギリスの新設報道機関)は、この火に油を注ぐような結果になってしまいました。

そこで私の計画は、私たちと私たちの活動を守るためにイギリスのソーシャルメディア企業に、以下の手順を直ちに開始するよう最大限の圧力をかける、というものです。

科学的コンセンサスに反する全ての投稿やユーザーをブロック・禁止・削除する
ウェブサイトはこれらのグループへのアクセスを制限または拒否し、アカウントの取り消しなども行う
反ロックダウンのグループとそのリーダーは、個人情報などを警察に流され、悪意や暴力、また市民を扇動したことなどへの罪で逮捕される(これについてはコロナウイルス法で規定されている)。
自分や家族がワクチンを接種しなことを公言している保護者に対しては、その子供や高齢者を家から離れさせる、あるいは所有権やその他の権利に関係なく家から追い出すこと

これらの提案は、「コロナの虚偽情報に関しての取り決め」と題して、FaceBookニック・クレッグ氏、Twitterのジャック・ドーター氏、YouTubeのスーザン・ウォジッキ女史、Googleのサンダー・ピチャイ氏に送付済みです。
また英国首相も、これらを踏まえて、反ロックダウン運動に対しての軍の出動や、来るべきロックダウンの際は、英国の全ての道路が厳しく取り締まられるなど、より強力なアクションを推し進めていくことを理解しています。

また、電子タグのような役割を果たす「ステイホームブレスレット」をリリースする予定のSerco社から最新情報を入手しました。このブレスレットは新しい5G技術と連動しており、”閉じ込められた空間”から外に出た場合、CCC(Central Command Center)に報告され、50,000ポンド(注:日本円で約750万円)の罰金無期限の拘留などの処分を受けることになります。
このブレスレットは8月にロンドン、バーミンガムリバプールなどの各都市で第1弾が導入され、翌月に第2弾、11月に第3弾が取り入れられ、英国内の遠隔地や過疎地、アクセスしにくい地域にも配布される予定です。遅くとも12月1日までには英国全土でこのブレスレットを装着し、作動させる予定です。
(注:現在、そのようなことは起こっていない)

 

私たちに従うことを人々に慣れさせることで、英国にもたらされる新しい変化に対するあらゆる抵抗を低減させることが出来ます。しかし、私たちは常に”国民の友人”であるかのように、また、国民の利益が第一に考えているかのように思わせなければなりません
私たちはメディアにあまりにも多くの人が亡くなっているので、「常に家に居て、命を守り、国を守らなくてはならない」というメッセージを伝えなければなりません。科学者であると同時に、私たちはメディアとの良好な関係を維持し、出来る限り精通していなければなりません。

新しい、または追加の変異株に関しては、以下のプロトタイプについて皆さんのご意見を伺いたいと思います。

●首都ロンドンに発生した変異株
反ロックダウンデモの参加者またはユーロのサッカーの試合の観戦に行ったサッカーファンは、肺、心臓、腎臓に問題を引き起こす。この変異株に感染した人は大きな攻撃を受けます。これをきっかけにロンドンは封鎖される。

ボーンマス市を中心とした変異株
ロンドンからボーンマスに来た旅行者が変異株を持ってくる。これにより、新たな変異株が広まりこの地域も封鎖される。

イングランドスコットランドの国境付近
2つの国を行き来する人たちがそれぞれ異なる変異株を持ち込み、それが混ざり合い、更なる変異ウイルスを生み出す。これにより両国間の輸送が禁止される。

また、より多くの人にワクチンを接種してもらうために、グラクソ・スミス・クライン(GSK)は、ジョンソン・エンド・ジョンソン、バイエルAG、サノフィ、メルク・アンド・カンパニーとともに風邪、インフルエンザ、花粉症の薬の製造を中止することになっていますのでご注意ください。薬局ではこれらの薬を販売することは出来ませんし、許しません。

私たちは、国民が喜んで従うこと、首相や大臣が従うことを期待しなければなりません。もし、これが失敗したら、悲惨な結果になることは明らかです。
我々が多数派を操り続けることが出来れば、計画は非常に容易になり、充分な余裕も生まれるだろう(例:従順な者は”真の愛国者”とでもいう)。
黒人やアジア人、ゲイコミュニティなどの特定のグループは予防接種に関しても無知で問題を抱えているが、これらのグループを教育して、指示されたときに必要なワクチンを接種するよう適応させておくことが肝心です。

将来、我々が起訴されないようにするためには、首相と我々が良好な関係を保ち、首相や政府閣僚が計画を遵守することが重要です。首相は我々の影響の大きさを知っているので、私たちに拘束され、導かれ、我々の思い通りに動いかすことが出来ます。
そして、データに従って国民のために最善を尽くしていると表明することで文字通り「無罪放免」の切符を手にすることになります。高齢者へのミタゾラム投与のように、その路線が継続して出され、信じられている限り、私たちは非難されたり疑われたりすることはないでしょう。
(注:ミタゾラム・・・鎮静剤。副作用として心疾患、呼吸障害、依存性などがある)

 

最後になりますが、この数週間はこの調子で、あなたがアメリカの利益の為だけに動いているように見せましょう。
ウイルスとの戦いにおいては、英国の国民の利益だけに行動していると思われるようにしましょう。

基本的な事、セキュリティを忘れないでください。
国民が知らない限り、傷つけられることはありません
これまで同様、この情報を受け取ったことは、知り合いに嘘をついてでも隠し通してください。

 

 

まとめ

以上がニール・ファーガソンのメールになります。

これが本当に流出したメールであるかどうかは定かではありません。

最近は、わざと陰謀論者が喜びそうな内容の虚偽情報を流されたりもしています。
しかもちょくちょく。
さらに、よく出来ているのは、これらの虚偽情報には一部真実も含まれているようなので、余計に真偽を見抜くには正しい目線が必要になってきます。

 

このメールを見て書いてあるような、イギリスで厳しいロックダウンが行われたり、ステイホームブレスレットが配られたりはしていないようです。
しかし、食糧危機や金融危機ダボス会議において2030年までの目標としても同じようなことが挙げられていますし、全てが嘘と断ずることも出来ません。

従って結論として、本物であるとも偽物であるとも現状では言えません。

ただ、個人的には「支配者層もおっかなびっくりやっている」というのは意外と事実なのではないかと感じています。
各国でもワクチン接種率は50%台~70%台です。
ここまで情報が広まってしまうと、余程強行(無理矢理強制)しない限りは、これ以上接種率は伸びないでしょう。

これは気付いた人の割合とも取れ、20%~40%の人にはバレている、とも言えます。

彼ら支配者層は権力や地位、金に物を言わせて強行していますが、これだけの市民が団結しさえすれば、庶民の方が圧倒的に強いのは明白です。
なので、彼らも、なるべくそういう人が増えないように、団結しないようにしようとすることでしょう。その一環が虚偽情報を流す、ということでもあるのです。

 

長くなりましたのでこれで終わりにしますが、
このメールが本物であるとは言えませんが、一考には値します。

中身を信じるわけではなく、真相を見抜くための道具には出来ると思うのです。

ぜひ、参考にしてみてください。

 

HAARP(ハープ)とは!? HAARPは世界を操る秘密の研究所なのか? 真相を見抜け!

ムー陰謀説】巨大ハリケーン・マシューはアメリカの気象兵器だった ...

HAARP(ハープ)とは、高周波活性オーロラ調査プログラムのことです。
税金も投入され建設されたこの施設は、アメリカ空・海軍、DARPAアラスカ大学などが共同で研究を行っているとされています。
「地球の電離層と地球近傍の宇宙環境で発生する自然現象(オーロラなど)を探求し理解すること」というのが公式な目的です。

しかし、このHAARPには、人工地震など様々な噂が流れています。
実体はどうなのでしょう・・・?

 

 

目次

 

 

 

 

HAARPとは!? HAARPの真相・真実を知れば、世界の動向も解る!? 人工地震の原因なのか!?

THAADよりHAARP? | G7 cafe

HAARPは前述のとおり、税金も投入され、多くの公的機関も関わっています。
しかし、建前上は”民間の施設”です。
アメリカ政府は民間研究プロジェクトだと言っているのです。

すでにこれだけで怪しさ満点です。

しかし、実際はやはり、アメリカ軍によってコントロールされているというのが実情のようです。そしてHAARPを管理・監督しているのがDARPA国防総省の技術開発期間である国防高等研究計画局)である。

そしてHAARPが一介の民間施設ではない根拠して、関連施設が世界各国にあることもそれを補強しています。
例えばロシア・ヴァシリスルスクには”スラ電離層加熱施設”があり、ノルウェーには”EISCAT(欧州非干渉性散乱)”があります。同様の施設は世界中に張り巡らされていることも確認されています。
また、アメリカのみならず、中国、ロシア、イスラエル、イギリス、スウェーデン、オランダ、ブラジルなど世界中の国々が協力しています。ロシアの世界的な原子力・プラズマ物理学者のロアルド・ジヌコビッチ・サグデエフ博士の名前も見られます。
この資本主義下、”自然を観察する”だけでこれだけの機関や国、世界的学者が名を連ねるというのは無理があります。

 

世界規模で行われている研究。
そしてそれは全世界が”何らかの理由”で関係している。

そう見るのが自然ではないでしょうか?

 

 

HAARPが行っている研究とは

2009年の冬、北欧の空に突如現れた光る渦巻き「ノルウェースパイラル ...

この写真は2009年12月、ノルウェー北部で確認されたものです。
これはロケットの失敗が原因と言われていますが、庶民の無知をいいことに、かなり無理のあるいいわけです。
↓動画

 

 

これはHAARPが原因だという説もあります。もちろん、明確な証拠は出ていませんが。

 

さて、HAARPのこのような研究・実験にはセルビアの天才科学者・エンジニア、ニコラ・テスラの研究が基になっていると言われています。
実際、HAARPの特許文書の中に、この不世出の天才の名前が挙げられています。
ニコラ・テスラは、自身の研究について、ニューヨークタイムズ紙のインタビューに次のように答えています。

テレフォース(テスラが発明したエネルギー原理)は、それまで誰も夢にも思わなかったような、まったく新しい物理的原理に基づいている。これを使えば、不可視光のビームで約400㎞離れた航空機のモーターも溶かすことが出来る。目に見えない”万里の長城”を築いて、1つの国をぐるりと囲うこともできる。

 

さらにテスラは1935年のニューヨーク・アメリカン紙の”テスラの人工地震”という記事でも次のように語っている。

リズミカルな振動がエネルギーをほとんど失わず地中を伝わっていく。機械的な効果が地球上で最も離れた場所まで伝わり、まったく類を見ない影響を生み出していく。この発明を、戦争での破壊目的に利用することもできるだろう。

 

ニコラ・テスラ自身は、自身の研究を戦争や破壊行為のために使うつもりなど毛頭なかったと思います。テスラは「地球を真っ二つに割るようなテクノロジーだってある」といっていましたが、それは公表されていません。さらにテスラは、「世界システム」という、安全で、誰もがどこでも無料で使える電気送信システムを開発していました。
決して金の亡者でもなかったし、良心を失うこともなかったエンジニアです。

 

しかし、彼の死後、テスラの研究はアメリカ軍によって持ち去られ、独占されてしまいました。
そしてそれによって造られたのがHAARP・・・というのもひとつの側面なのではないでしょうか・・・?
(いずれニコラ・テスラのことはブログ記事にしようと思います)

 

 

 

HAARPの特許と潜在能力

エネルギーシステム技術開発センター

ニコラ・テスラの研究を使い、HAARPは特許を取得しています。
HAARPが取得している特許及び関連特許のテクノロジーに関する説明を見てみましょう。

✅前例のないほど大量のエネルギーを、大気圏の特定の場所に、核兵器よりもはるかに正確に送ることが出来る
✅世界の通信システムを妨害するが、HAARP自身のつうしんは影響を受けない
✅飛来するミサイルを妨害できる
✅気象を操作できる
✅大気領域の分子構成を変えることで大気圏を操作できる
✅電磁パルスを用いることで、放射線なしに核兵器規模の爆発を起こすことが出来る
✅OTH(超水平線)レーダーを可能にする

これを踏まえ、欧州議会安全保障と軍備縮小に関する外交小委員会による報告書を見てみるとさらにHAARPの実態が見えてきます。
この報告書で強調されているのが以下の3点です。
①世界の気象パターンを操作する
②他社の通信を妨害し、自身は問題なく通信できる
③地球の内部をX線撮影し、資源を見つける

 

ちなみに気象など操作できるのか?という疑問には国際法が答えてくれる。

実は50年以上前から気象操作は国際違法の対象になっているのだ。国際連合条約の「環境改変技術の軍事的使用その他の敵対的使用の禁止に関する条約(ENMOD)」というのがそれだ。
気象操作が出来ないのであれば、こんな法律、作る必要などないだろう。

気象はすでに24時間管理されているともいう。
”地球の気候変動”は世界的に騒がれている環境汚染が原因と言われているが、実はこのHAARPの技術の隠れ蓑かもしれない。
気象操作に伴う磁場変動せいで、各地で鳥や海洋生物の大量死が起きているとも言われている。例えばルイジアナ州で400羽以上の鳥の死骸が見つかったり、アーカンソー州では3000羽にも及ぶクロムクドリモドキが亡くなっている。イギリス・ケント州では数千匹のワタリガニが、アーカンザス州には数千匹のドラムフィッシュが、メリーランド州チェサピーク湾では数万匹の魚が死んでしまっている。他にもこういった事例は多数あると言われている。

もちろん、この全てがHAARPのせいではないだろう。しかし、地理的にも時間的にも同じところで数千羽の鳥が空から落ち、数万匹の魚が死んでしまっているという事実があるのだ。そのような技術を持っているのは・・・決して多くはないだろう。

 

 

マインドすら操る

マインドコントロールとは | ビジネス・心理学用語集:意味・解説など ...

すべては波動で出来ている・・・というのを聞いたことがあるでしょうか?

これはオカルトなどではなく、量子力学など最先端の科学では常識です。
アメリカの医学者で超心理学研究者のアンドリア・プハーリック博士は、人の行動には周波数が関係していることを突き止めている。
10.8ヘルスの周波数帯で活動している時は人は暴力的になり、6.6ヘルツでは鬱状態であるという。しかも博士はいくつかの周波数を用いてDNAの変換まで成功させている。

HAARPはこの技術も研究対象としており、実際にELF(極低周波)と呼ばれる周波数帯を送信できるようになっている。このELFは人間の脳と同じ周波数帯であり、脳に直接これを送信することで、人のマインドを変えてしまうことが出来る。カナダ国務省のアンドルー・ミクロウスキ博士は、この技術について「単語、フレーズ、イメージ、感覚、感情を直接挿入すれば、それが内的な状態やコード、感情、思考、アイデアとして経験される」としています。

 

この技術が存在する証明として、アメリカ陸軍式幕僚大学の機関誌において、ジョン・B・アレクサンダー中佐(当時)が次のように寄稿している。
(しかもこの記事は1980年のことだ!)

ソ連の精神変容技術はかなり進んでいる。採用されているものは人間の行動の操作も含んでおり、その手段として心理兵器を使用し視覚・聴覚・臭覚・体温・電磁エネルギーへの作用、あるいは感覚の遮断があげられる。ソ連の研究者は、行動支配の他に、電磁放射の人への影響も研究していて、すでにモスクワのアメリカ大使館にこの技術を適用している。研究者はELFの照射には向精神性があることを示唆している。こうしたものを送信することで、標的とする団体に鬱や興奮状態などを引き起こすことが可能になる。ELFを大規模に活用すれば、恐ろしい影響が考えられる・・・

 

 

HAARPは何のために

謎の米軍施設『HAARP』、公文書が認めるその能力は | WIRED.jp

HAARPのこのような技術があれば、核兵器は不必要だと言います。
核兵器より、確実で、(設備が整っているなら)安価だからです。

HAARPは前述の世界各国にある関連施設の他に、アメリカ空軍の指揮下において造られた「GWENシステム」と呼ばれる通信ネットワークや、CERN(欧州合同原子核研究所)などとも繋がりがあると言われています。GWENはアメリカ国内だけのものだが、CERNも世界中に関連施設・研究者がいる。

世界中を完全管理・監視するため、そしてそれ以上のことができる用意は出来ているのだ。

 

今回の記事ではあまり触れなかったが、人工地震の技術も、あるとみてほぼ間違いないだろう。
人工地震というと、核兵器を使ったのもが主流と言われている?が、複数の地震の発生前に空に不思議な光と虹が観測されたりもしている。
それは前述の動画からも分かるように、HAARPの技術の賜物だ。
HAARPには高層の大気の電離層を操作する技術もあり、その際にそのような現象が起こると言われている。

 

 

このようにHAARPに関しては様々な事が確認されている。
少なくとも、ただの環境調査の組織ではないのは間違いありません。

そしてコロナから見える今後の社会とあわせて考えてみれば・・・・
多少なりとも未来が見えるのではないでしょうか?

 

今回の内容も情報を集めたにすぎません。
何を信じるかも含めて、ぜひ色々と考えてみてください

 

【関連記事】
 地球温暖化について
 人類の未来はロボットか!?